働きやすい環境で生産性をアップ

医者と看護師

産業医とは一般的な企業の職場で活躍する医師で、病気やケガの診察はメインの仕事です。このほかに医師からの視点を生かして、働きやすい健康的な職場環境にするために助言やアドバイスをします。例えば健康を害する人が多い部署があれば、その理由はなにかを考え改善案を出して促したりもできます。さらに職場をチェックして体に負担が大きい汚れた空間だったり、空調の調節からケガを誘発するような物の置き方などがあれば、指摘して予防活動も行います。このほかに重要なのが長期休業をしていた職員の復帰をサポートすることです。体調が良くなったとはいえ、いきなりフルで働いてもらうのは、また体に負担をかけることになるので元に戻ってしまいます。少しずつ体と心を慣らして、無理なく仕事復帰していけるように復帰プランを立てる手伝いもします。多岐にわたる仕事内容ですから、紹介してもらうときには広い視点を持っている医師であることが重要です。

健康を維持できれば会社にとってもプラス

医者と看護師

産業医を紹介してもらうことで職場環境面からも健康をサポートできます。健康管理は社員が行うものと考えてしまいますが、実は知らず知らず負担がかかっていることも多いので、気づくころには悪化している場合もあります。そうなると作業効率も悪くなりますし、生産性も落ちてきて残業や欠勤が増えます。それをなくすことができるなら、会社全体にとっても有益です。会社の仕事も内容が良くなり、無駄なコストも削減できます。長期的な目で考えるとメリットが社員と企業の両方にあります。

視野や見識が広い医師を選ぶ

医者

紹介で産業医をお願いするときには、医師としての経験や勤務条件も重要です。しかし、そこだけにとらわれてしまうと、大切な役割を果たしてもらえないことも出てきますので要注意です。と言うのも、会社の診療室で治療する範囲は軽症が多いですから、治療のスキルと言うよりも、隠れている原因や背景をあぶりだすヒアリング力が求められます。そこで力を発揮するのが広い視野や見識です。医師と言うだけの視野では、一般企業の働く環境がわかりませんので改善案も出せませんし、原因を予想するのも難しいです。そこで広い情報を持っている、もしくは経験があると、現実的な対策も立てられます。さらに、原因を察して、適切な対策を指示できます。

資格の確認も忘れずに

受付

適任の産業医を紹介してもらうコツの他に、基本的なチェックも忘れないようにしましょう。紹介先が既に確認していることが基本ですが、資格を本当に保持しているかは最低限、確認しなくてはなりません。医師免許はもちろんですが、産業医はそれとは別に産業医と認定されるための研修にパスしていなくては名乗ってはいけません。そのため、認定の証明書も確認させてもらうようにしましょう。また、産業医の経験があれば職歴もチェックしておくと、どんな業界の職場環境に詳しいのかがわかります。もちろん、経験がなくても産業医として勉強に努めているなら、前向きに紹介してもらっても良いでしょう。

広告募集中