HOME>注目記事>傷病休暇及び傷病手当金を受け取るためのバイブル

傷病休暇は簡単に取得可能

医者と看護師

業務を進めていて災害にあった時場合は医師にかかる必要があります。会社に申請し、許可を得られれば傷病休暇を取得でき、傷病手当金も貰え、治療に専念することができます。産業医にかかる時には、まず業務中に起こった災害による怪我や病気の状態を治療し、担当医の所見を産業医に提出することから始まります。労働時にはさまざまなトラブルが起こりますが、予期せぬケースが多く、それらのことは組織の管理で防ぐことができないため、企業では産業医を雇用し、傷病休暇を設けていることがあります。傷病休暇を取得することができれば、傷病手当金が貰えます。傷病休暇の日数は産業医と相談した会社が指示を出し、労働者と面談を行い決定するケースがほとんどです。休暇を取得するために、数万円を支払って治療を行い、医師の所見を産業医に提出するため、傷病手当金を取得できたとしても治療に支出するケースがほとんどです。

休職するために揃える書類は会社指示に従う

医者

産業医は会社に一人は必ずいます。定期的に会社に産業医が来訪し、休職者は復職するために産業医と面談を繰り返すことになります。一度休職すると復職は難しく、会社に対して状況をうまく説明することが必須となります。産業医と会社が許可を出さなければ復職することはできませんし、仮に復職できたとしても会社から疑いを持たれるケースが多発しています。休職中は業務能力が落ちていることが多く、復職した際に3日程度で元の仕事に戻る必要があります。復職後に以前行っていた業務ができなくなってしまったということになれば、会社は別の人材を雇用することになるでしょう。うまく会社の仕事に戻るために、休職中に業務のシミュレーションを欠かすことはできません。

広告募集中